出会い系サイトでの神待ち女性

出会い系サイトでの神待ち女性

中小企業に勤めるしがないサラリーマンである私だが、出会い系サイトを通じて神待ち女性との出会いを偶然したことにより人生が大きく変わることになる。ちなみに、年収も人並み以下。ビジュアルも平均以下。学歴も無い。こんな無い無い尽くしの私であるから、これまで人生でモテるなんて経験はしたことない。専門学校時代に1年ほど付き合った彼女と別れてからは彼女もできず、彼女いない歴は16年に達しようとしている。もう私のような人間が結婚することはあきらめている。ただ、性欲は人並みにある。なので、週1回で格安の風俗に行くのが楽しみのような人生だ。しかし、うちの会社の経営状況が芳しくない。ボーナスなども支給されなくなった。ボーナスは貴重な風俗資金であった。なので、このボーナスが無いことは死活問題。実際毎週末の楽しみだった風俗が月1回になってしまった。アダルト動画で抜くことが多くなり、30代後半の男として何とわびしい日々かと。そう思っていた時に出会い系サイトの存在をしった。興味本位で登録したところ、かわいい女性からのアプローチが来た。これにはかなり舞い上がった。恋人希望のわけはない。当然、援助交際希望。ただ、風俗よりもかわいい子が多く、それだけでも胸は高鳴った。しかし、やはり風俗よりレベルが高い子が多いがお金がかかるのは変わらない。何とか安く女の子を抱きたい。そう思って、セフレづくりの努力を始めた。しかし、この地味なおっさんのセフレになってくれそうな女の子はなかなかいない。「この際、熟女でも」と思って40代にもメッセージを送る。しかし、そちらでも需要が無いようだ。どうやら、援助交際しか方法が無いと思っていた時に、神待ち女性に出会った。

出会い系サイトでの神待ちゲット

きっかけは出会い系サイトの神待ち掲示板 評判で、「泊まるところがないの(T_T)。だれか助けて~。お礼はします。」という書き込みを見たことだった。この書き込みを見ると、女性のプロフィール写真が無かった。なので、少し二の足を踏んだ。ただ、23歳という年齢。書き込みが自宅のすぐ近くの地域で行われていること。「お礼はします」という言葉に期待できたこと。これらの条件があり、書き込みに返信してみた。やはり、自宅が近かったのが、よかったのだろうか。30分程度で話がまとまってしまった。1時間後には最寄り駅で待ち合わせとなった。
実際、駅で待ち合わせしていると、AKBにいそうな今風の女の子が来た。ただ、AKBにいそうといっても上位メンバーではなさそうだが。ただ、まぁそこそこといったところ。私のようなおっさんにはもったいないレベルだろう。「○○さん?」と話しかけてみると、うなずく彼女。自己紹介すると「送ってもらった画像よりも、かっこいいですね」といううれしい言葉。その後、夜遅くでも空いている居酒屋で軽く食事した。そして、そのまま家まで一緒に帰宅する。家にも缶ビールがあったので、一緒に飲みながらテレビを見る。そうすると、彼女の方から肩を持たれかけてきた。そのままの流れでセックスへ。脱がしてみると、胸は小さかった。ただ、くびれもあり、何といっても20代前半の肌のすべすべした感触。ひさびさの自宅でのセックスで昔の彼女とのセックスのように燃えた。彼女の中で果てた後、一緒にベッドで寝ながら、話を聞く。彼女は大学4年生。実家の父親がリストラ。結果、仕送りが無くなる。バイトを掛け持ちしていたが、結局手持ちのお金が足りなくなり賃貸していた家を追い出される。それで神待ちしていたとのこと。「家が決まるまでここにいていいよ」と提案してみる。ただ、明日は友だちの家に泊まれるから大丈夫とのこと。残念。その後、夜にもう一回セックス。朝に起き抜けのセックス。計3回のセックスをして彼女は出ていった。特に彼女からお金は請求されなかった。ただ、いい子だったので自分で1万円を渡した。

神待ちセックス
その後、出会い系サイトの掲示板を見ていると平日の深夜や土日の夜に神待ちの書き込みが多いことに気づく。自分の家は繁華街のすぐ近く。したがって、行き場が無い神待ちの女の子が多いらしい。そのような子たちにアプローチする。結果、ほとんど毎週末神待ちの子とセックスできている。もちろん、当たり外れは大きい。21歳の巨乳の専門学校生と生でセックスしたこともあれば、アラフォーの肥満体の女性を引いたこともある。ただ、毎回家に泊めて食事をおごるだけでセックスできているのは事実。今のところはトラブルもない。出会い系サイトでリーズナブルにセックスしたいなら、神待ちを狙うことがおすすめだ。